障がい者雇用の促進

障がい者雇用は近年盛んにおこなわれているので障害者自身も雇用する企業も詳細な情報を求めています。
ハローワークでも20年以上前から専用の窓口を設けて、仕事の紹介などを行っています。
当時は64人の従業員に対して1人の障害者を雇用すると企業側には多少のメリットがある程度でした、

障害者雇用促進法は昭和35年より施行されている法律ですが、数回の改正が行われています。
最新の改正は平成28年4月の実施となり、雇用を促進するだけでなく差別のない職場を目指して、障害者の権利を守ることが重視されます。

職業紹介機関と連携しながら、障害に合わせて仕事を選び、適正な就業環境を作ることも狙いとなっています。
そこで、このサイトでは障がい者雇用の現状と、制度にまつわる罰則規定に関する情報を掲載しています。
障害を持った方や雇用する企業の方に役立つ情報となれば幸いです。

実際に雇用する場合は、仕事の内容だけでなく、車いすでも動きやすい車内設備が求められるなどインフラ整備も必要になります。
企業側から見ると設備投資が負担になるイメージしかないでしょうが、企業が受ける恩恵も多いので、今後の障害者雇用には期待が寄せられています。

障がい者雇用の現状を把握して、法令の罰則を受けるデメリットを理解していると、企業も雇用について検討しやすくなります。
身体障害者、知的障害者、精神障害者によって、どのような待遇が受けられるのかも参考にして下さい。



▽管理人注目サイト▽
積極的に障がい者雇用を進めている湘南ゼミナールの特例子会社です ・・・ 湘南ゼミナール 特例子会社

Copyright © 2014 障がい者雇用について All Rights Reserved.